インフォメーション 音楽散歩 風だより コンセール・パザパ hg.sato@raj 掲示板 お問い合わせ 管理人

  →コンセール・パザパについて
→ウェブ・パザパ


パンフレット 第32回
コンセール・パザパ

2021年10月1日(金)

12時30分開演(12時00分開場)
ルーテル市ヶ谷センター


ごあいさつ

昨年の10月15日無事にコンサートを終え、来年は “without covid19” でなごやかに再会しようと約束したのですが、当時よりさらにひどい状況が続いています。
そんな中で毎日音楽に熱中する時間を少し、あるいはたっぷり持てた私たちは幸せだと痛感し感謝しております。お聴きくださり本当にありがとうございます。来年もここルーテル市ヶ谷でお目にかかれることを心から願っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

出演者一同

PROGRAMME
12h30
1
メヌエット K.64W.A.モーツァルト
<山のように高く>による変奏曲M・シュトラウス
アヴェマリアJ.S.バッハ/C.F.グノー
大倉淳作 大倉景子
鳴海喜代美
2 Mandolins + Piano
1曲目は、モーツァルトがたくさん作曲した宮廷のダンス曲「メヌエット」の一曲。2曲目、リズムがユニークなトルコ民謡がテーマの現代曲。3曲目は、19世紀ロマン派のグノーが、17世紀の巨匠J.S.バッハの<平均律クラヴィーア曲集>の前奏曲第1番に旋律をかぶせた優雅な曲です。
2
スケルツォ Op.4J.ブラームス
エチュード Op.25 No.1 <エオリアンハープ>F.ショパン
西本美子
長びくコロナ禍の中、音楽に支えられて過ごしてきました。本年も、ご準備くださっていることに、とても感謝しております。情熱と優しさを表現することが私の目標です。精一杯、演奏させて頂きます。
3
パピヨン Op.2R.シューマン
佐藤優子
オリンピックアスリート達の輝きも失せる程のコロナ、自然災害、続く自粛のなか、僅かの時を音楽への憧れ、感謝で過ごしています。今年もまたパザパに参加でき、幸せです。今はシューマンに心惹かれています。パピヨンは若きシューマンの作品で、フランス語の標題の元に、簡潔ながら詩的で想像力豊かな世界が広がっていきます。以前より新たな気づきを持って弾きたいと思います。
4
マズルカ OP.59 No.1 No.2 No.3F.ショパン
松村和江
今年も参加させて頂くことをうれしく思います。昨年よりマズルカの勉強を始めました。どの曲も奥が深く中々マズルカらしくならないのが、目下の課題です。作品59は弾き始めてまだ日も浅く、練習を始めてから、私にとって曲が難しい事が判りました。どのくらい弾く事ができるか、挑戦したいと思います。
5
ああ わが胸 (Ah! mio cor)G.F.ヘンデル
オペラ<エレーナとバリーデ>より
 おお私の甘美な熱情が (O del mio dolce ardor)C.W.グルック
vocal渡邉洋子
piano関 真里
学生時代大好きだった2曲をもう一度歌ってみたくなりました。コロナ感染拡大や自然災害など不安なことが多い中、音楽を楽しむ時間を持てる幸福、そしてこの状況の中演奏の場を与えてくださったことに心より感謝申し上げます。
~ Pause ~
13h45
6
プレリュード1913 M.ラヴェル
間奏曲 第3番F.プーランク
夜想曲 第4番 Op.36G.フォーレ
河合佳子
フランスの作曲家の作品が好きで、ここ10年くらい練習に励んでいます。中でも、ラヴェル、フォーレとプーランクの作品は、どんな気持ちでいる時にも、弾くたびに新たなインスピレーションや好奇心、歓びを呼び起こしてくれる、自分にとっては特別な存在です。まだまだ思うようには表現できませんが、心を込めて演奏させていただきます。コロナ禍で、音楽、そして演奏の素晴らしさを、今までの何倍も感じるようになりました。本日、皆様の演奏を楽しみに、パザパに参加させていただけますこと、心より幸せに感じております。
7
ノクターン ハ短調 Op.48-1F.ショパン
芳村小百合
ピアノで歌うように語るように弾くことは私の大切な課題です。この壮大な曲をオーケストラ付きオペラのように演奏できると良いのですが・・・挑戦です!!
8
ピアノソナタK.281W.A.モーツァルト
大庭 泉
1774年18歳で作曲された現存する最初期のクラヴィーアソナタの注目すべき一曲。1762〜69年の神童としてのヨーロッパを巡る旅の後、1773年まで3回のイタリア旅行を終え、長期間ザルツブルグに留まり交響曲の傑作を生んだ時期に作られた。[Ⅰ]モデラート的なアレグロ。[Ⅱ] セレナードのような愛情に満ちたアンダンテ。[Ⅲ] 彼が特別の愛着を抱いていたロンド。最初の成功作品です。初々しくも旅の成果が結実して独自の音楽になっているこの曲にとても惹かれます。
9
祈りF.P.トスティ
「六つの子供の歌」より
 風の子供 たあんき ぽーんき おやすみ中田喜直
くちなし高田三郎
vocal中本貴子
piano入川めぐみ
2年もコロナが続くなんて誰が想像したでしょう。そんな中、歌えるなんて幸せな事です。お世話下さる大倉様に感謝です。ありがとうございます。
10
ー日本の歌によるピアノ作品集ー「和の歌」より
うさぎのダンス小出稚子 (Noriko Koide)
光武佳子
ピアニストの飯野明日香さんが2019年に10人の日本の作曲家に委嘱された「和の歌(日本の歌によるピアノ作品集)」の中の一曲です。草むらから小さいうさぎがヒョコッと顔を出したり、走り出して仲間と踊ったり、。絵本のページを子供とめくりながら楽しんでいるようです。(私は8月におばあちゃんデビュー)。日本の新しい曲を子供達からお年寄り、そして外国の方々にも聴いていただきたいと思います。
~ Pause ~
14h50
11
4つの小品 OP.119ブラームス
宮本令子
ともかく、弾くのに苦労した曲です。一曲目のインテルメッツォ、弾き終えると、途中息をとめていたのがとても息苦しくなる時期があったり、明け方右肩が痛くなったり、でも今では ブラームスの虜です。ものすごくロマンティック、情熱的、でもどこか寂しげ、どこかあきらめがあり、この曲を弾き終えると、私も随分と長く生きてきたのだなァと、生きてきた時間を掘り起こす触媒の様な曲です。
12
前奏曲 OP.45-1 嬰ハ短調F.ショパン
前奏曲 OP.28-17 変イ長調F.ショパン
藤原通子
ショパンのメロディーは、時代や時間を超えて美しく、そのポイントの一つに転調の巧みな使い方にあると思う。特に作品45-1は彼の転調に対する美意識が非常に感じられ、彼自身「かってこれほど転調が巧くいった事はない」と語っている。ほぼ全ての調に転調していく流れは素晴らしいが、残念な事にあまり演奏されることのない曲である。
13
マズルカ Op.30 No.1 ハ短調F. ショパン
幻想曲 Op.49 ヘ短調F. ショパン
光武佳子
勉強し弾き込んだ曲でも自然体で弾けなくなる事があります。それを解決しようとアレコレ工夫すると、かえって苦しくなったりします。自分なりに尽くしたあとは自己満足でも良いので、楽しみたい。そして、聴いてくださる方がその演奏を喜んでくれたらもっと嬉しいです。今日はどうなるか、楽しみのような怖いような…気持ちでいます。
14
コレルリの主題による変奏曲 op.42S.ラフマニノフ
杉本真理子
この変奏曲は、テーマ(イベリア半島を起源とした舞曲フォリア)と、変奏曲ならではの曲想の変化が魅力です。1931年に作曲された、ラフマニノフの最後のピアノ曲ということもあり、作曲家自身の人生も、ところどころに見え隠れしています。ネットに投稿された写真で見た、夫人や子供たちへの優しい眼差し、誠実そうな横顔が、故国ロシアへの強い想いとともに、曲をイメージする助けになりました。
15
ピアノソナタ ハ短調 Op.111L.van ベートーヴェン
北澤エリ
学生時代恩師に、「あなたの音楽は明るいので重厚な曲は向いてない」と言われました。コロナ禍のお家時間で苦手な類の曲に挑戦しましたが、この歳になっても厳格な雰囲気を出すのは難しいです。加えて2楽章中盤以降は、老眼、乱視、白内障との戦いでもありました。加線だらけの記譜をしたベートーヴェンに恨み言を言いながら、譜読みする日々でした。
fin


会 場
ルーテル市ヶ谷センター
map