インフォメーション 音楽散歩 風だより コンセール・パザパ hg.sato@raj 掲示板 お問い合わせ 管理人


本名でもいいですが、好みのハンドルネーム(ニックネーム)で気軽に書いてください。
メールアドレスを記入すると、名前にアンダーラインが入ります。記入されなければ、あなたのメールアドレスは誰にも(私にも!)わかりません。いたずらメールなどの対象にはなり得ませんから、安心して何でも書き込みください。書き込み初心者大歓迎!

書き込みはこちらから


お名前goendama (2017/09/30)
♪♪♪ もうすぐのコンサート ♪♪♪
<第28回コンセール・パザパ>

・2017年10月6日(金)第1部:16時 第2部:18時40分 開演
・ルーテル市ヶ谷センター 

1年に1回、28年間続いている大人の楽しみコンサートです。音響の良いホールで、あたたかい聴衆とまじめな勉強家の演奏者がそれぞれの気持ちを自由に共有して、ちょっとすてきな時間を過ごしています。

「コンセール・パザパ」のページに今年のプログラムを掲載しています。もちろん無料です。のぞきにいらしてくださると嬉しいです。
お待ちしています!



お名前goendama (2017/07/26)
♪♪♪ ノアンフェスティバルショパン 2017 ♪♪♪

6月3日 〜 7月25日

すべての催し ♪♪♪が大成功のうちに、昨日閉幕しました。

ショパンが7回の夏を過ごし、多くの傑作を作曲したジョルジュ・サンドの館一帯で催されるフェスティバルは、ヨーロッパ各地で夏に催される音楽祭の中でも、異彩を放った催しです。

朝10時から、イヴ・アンリ先生のマスタークラス・昼にはたとえばジャン・ジャック・エルゲルダンジェ氏の講演、そして夜はノアンのショパン羊小屋ホールでピアニスト・声楽家・弦楽四重奏等のコンサートが11時過ぎまで続きます。

ショパンが過ごした頃と多分あまり変わっていないようなノアンの環境の中で、めくるめくような時間があっという間に過ぎました。

6月期の「ノアンフェスティバルショパン」レポートを今発売中の音楽誌『ショパン8月号』に書いています。ご購読くだされば嬉しいです。

7月期のレポートは、これから書きまして、8月18日発売の9月号に掲載される予定です。多すぎる ♪♪♪素晴らしい催し ♪♪♪の数々をどこまで書けるか心配と同時に楽しみです・・・。

これからバスで45分、シャトールーで3時間列車を待ち、2時間後にパリに帰り着く予定です。

ノアンにて 2017/7/26 Keiko


お名前goendama (2017/07/07)
♪♪♪江東マンドリンクラブ 第24回定期演奏会♪♪♪

・2017年7月8日(土)明日!!!
・14時開演(13時30分開場)
・江東区文化センターホール
(東西線:東陽町1番出口徒歩5分 03-3644-8111)
・入場料500円(自由席) 

♪眠れる森の美女
♪スペイン組曲
♪グラナダ 他 いっぱい!

500人(?)収容のホールがいつも満杯になる人気演奏会です。当日券も少しは残っているかと思います。ホールにお問い合わせください。

♪♪♪クラブの皆様へ♪♪♪

私の唯一?の趣味兼少々仕事で今年もフランスに来ています。この時期はいつも重なるのがとても残念です。数年前ホールが改修のため閉鎖していて10月に延期された時聞けた演奏会を懐かしく思い出しています。素晴らしいアンサンブルでした。

フランスで演奏会に行くといつも、演奏者と聴衆が音楽を共有している感覚に感動します。プロのリサイタルでも趣味のグループの演奏会でも同じく味わえる一体感です。江東マンドリンクラブの演奏会にはその雰囲気が満ちています!毎水曜日と月1回の土曜日の練習を欠かさずまじめにしかも楽しく長年にわたって続けておられる成果だといつも感心しています・・・。

明日の演奏会も聴衆の皆さんとともに楽しんでください。
大成功を祈っています。

パリ、2017/7/7 あら、七夕だった・・・。Keiko


お名前goendama (2017/05/22)

♪♪♪ ショパン・フェスティバル 2017 in 表参道 本日開幕 ♪♪♪

「ショパンのワルツ ー大衆娯楽から芸術へ ー」

・5月22日(月) 〜 5月27日(土)
・カワイ表参道コンサートサロン パウゼ にて
・主催:日本ショパン協会

表参道が、連日ショパンや関連のある作曲家の音楽で満ち溢れることでしょう。

プログラムなど詳細は「ショパン・フェスティバル 2017」で検索してご覧ください。オススメ。


お名前goendama (2017/05/10)
♪♪♪ もうすぐのオススメコンサート ♪♪♪

♪ ローナン・マギル ピアノリサイタル
・2017/5/26
・横浜美術館 レクチャーホール


・インフォメーションをご覧ください。
・長い間ごぶさたでアップロードのやり方を忘れてしまっていました。今後は活用します。だんだん上手になりますからね!


お名前goendama (2017/04/27)

Mr. OUI さま
昨日は、「卒塔婆小町」と「葵上」でしたね。私も見まして舞台美術とその使い方に魅せられました。二作があんな風につながれるなんて、想像もできなかった!まるでマジックのようなシーンもありましたね。私は全作を予約していますが、本当に楽しみです。久しぶりに三島由紀夫の世界を堪能でき幸せです。6日間で終わってしまうなんて惜しい気がします。これからの公演、次のとおりです。

4/27 (木):「班女」「道成寺」
4/28 (金):「熊野」「弱法師」
4/29 (土):「邯鄲」「綾の鼓」pause 「卒塔婆小町」「葵上」
4/30 (日):「班女」「道成寺」pause 「熊野」「弱法師」
5/1 (月):「邯鄲」「綾の鼓」

連休中おヒマがあればオススメ!
詳しくは、http://www.sanjoukai.jp をご覧ください。

 

お名前Mr. OUI (2017/04/27)

26日の三条会、素晴しい公演でした。若いころ、観世栄夫と白石和代の芝居を見て以来の驚愕です。

三島の能楽集は、言葉の調べが厳しく、今晩の女性のセリフが大変明晰で、嬉しかったです。言葉が聴きやすく、せりふの調べが滑らかで
美しかった。ヴァイオリンの響きも良く感心しました。

あと1回予約しています。楽しみです。

お名前goendama (2017/04/26)

♪♪♪ 三条会公演本日初日 ♪♪♪

『近代能楽集』全8作品上演
三島由紀夫 作  関美能留 演出

2017年4月26日 (水) 〜 5月1日 (月)
下北沢ザ・スズナリ

2本立て上演:4日間
4本立て上演:2日間
1日だけ見るのもいいし、組み合わせて8作品見るのもいいですね。
遅まきながら出演者からのメッセージを一つ二つ・・・

”近代能楽集は、能の主題を現代的な状況に再現した作品です。能というと、のろのろした難しいものと思っていましたが、よく読んでみると、ロマンティックな物語が多く、時間や空間を自由に操るさまは、現代のファンタジーとして楽しめます。今回、せっかく取り組むのだから、全部やりたい!ということで、8本上演です!1本45分くらいの作品ですので、2本立ての日は90分、4本立ての日は180分程度の上演です。ご覧いただけたら嬉しいです”

”劇場入りしました。ちょっと今まで見たことのないような舞台美術ですよ。お楽しみに!”
 
♪詳しくは、三条会ホームページをご覧ください♪

http://www.sanjoukai.jp

お名前goendama (2017/04/25)
↓↓↓↓↓下の投稿、↓を下向きにしたはずなのに、↑↑↑↑上向きになっている!???マジック。

お名前goendama (2017/04/25)
↑↑↑↑↑感想が遅いのは毎度のことで・・・。隣の家からのごとくきれいに聞こえました。イタリアからの生放送は初めて!イタリアの空気が流れてきました。当たり前ながら知らない言葉はチンプンカンプン。でも声は同じで月並みな表現だけどペラペラ喋られていてステキでした。

お名前goendama (2017/04/15)
♪吉川隆弘さんラジオ生出演のお知らせ♪

隆弘さんのマネージャーさまから下記のお知らせをいただきました。イタリアからの放送を生で聴けるなんてワクワクしますね。きれいに入ると思います。今夜です。ぜひオススメ!!!

吉川が、明日15日・22:15〜22:40(日本時間)にイタリアのラジオに生出演いたしましてインタビューと「悲愴」の第1楽章と第2楽章、「金色の魚」を演奏させていただく予定です。時間は「イタリアのことですから多少前後するかもしれない。」とは吉川のコメントです。
空気感が違うと思いますのでPCのそばにいらっしゃいましたらお聴きくださいませ。下記サイトです。
http://www.radiorai.rai.it/dl/portaleRadio/popup/player_radio.html?v=3


お名前goendama (2017/04/03)
◎まじかに迫ったコンサート◎ オススメ

<ノアン フェスティバル ショパン イン ジャパン ピアノコンクール
入賞者記念コンサート>

♪ 2016年5月に開催されたコンクールの入賞者が演奏を披露します。あふれる才能を持った入賞者11名のすてきな演奏を、演奏者の個性を引き出すピアノ、ベヒシュタインでお聴きください。

♪ 賛助演奏:イヴ・アンリ♪ ♪ ♪  
ピアニスト・作曲家・パリ国立高等音楽院教授
ノアン フェスティバル ショパン (フランス)会長
♪ ♪ ♪ ショパン:バラード第4番・華麗なる大ワルツ op.18・子守歌 ほか?!
        
♪ 2017年4月5日(水)開演 18h30 (開場 18h15) 終演予定 21h00
♪ ティアラこうとう 小ホール
♪ チケット料金 前売券:2000円 当日券:2500円

お申込み・お問合せ
ユーロピアノ株式会社 東京ショールーム
TEL : 03-3305-1211
Mail : yasuda@euro-piano.co.jp

*詳しくはユーロピアノ株式会社HPをごらんください。


お名前goendama (2017/03/13)
昨日から一気に春がやってきました。3月11日8時半。今日も晴れています。昨日パリ市立のロマン派美術館へ行ってきました。ジョルジュ・サンドの部屋が再現されていて、遺品のアクセサリーや珍しい絵や彫刻などが展示されています。音楽散歩のページに地図が載っています。ショパンやサンドが住み、ドラクロワのアトリエもあった界隈です。中はほとんど変わっていませんが、仏語か英語のオーディオ・ガイドを借りて鑑賞できるようになりました。日本語はまだ!

お名前goendama (2017/03/10)
天空人さま
私もせっせと散歩に勤しんでおります。良い散歩コースを多数見つけているのですが、行くたびにどこか違う道へ迷い込んでしまいます。
パリで目的もなく小道に入ると店のショーウインドや、珍しい建物、そして時には三日月や一番星に目を奪われ、知らないうちに想像もしなかった道を歩いていることがよくあります。数日後同じ道を辿るのは難しい!帰ったら地図にマークをしようと思いながら忘れるのも毎度のことで、かくして頭のなかにはパリの通りがごちゃごちゃと入り混じって存在するのです。いつか一緒に迷いましょうね!ご縁玉



お名前天空人 (2017/03/01)
三月から五月までが“春”、東京の空気も心なしかほんわかしてきました。先日 目白散歩をしました。目的地は講談社野間美術館。JR目白駅を降りると学習院。この一帯高台にあり、細川家の屋敷後が和敬塾(学生寮)として使われていたり、庭園が無料で解放されていました。回遊式の庭園で湧水が池を満たし、とても都心の真ん中とは思えない静かな空間でした。美術館は日本画の色紙(12ヶ月)コレクションでした。講談社なので雑誌の表紙を飾った原画です。上野だけでなくこじんまりとしてゆったり見れる美術館も色々あるのですね。ではお元気で。



お名前goendama (2017/02/09)
オススメ映画<シーモアさんと、大人のための人生入門>

89歳のシーモア・バーンスタインさんは、スタインウェイピアノのアーティスト。50歳でコンサート・ピアニストとしての活動をやめ
て、以後の人生を「教える」ことに捧げてきた。ピアニストとして成功の陰で、演奏会ごとに不安や恐怖に襲われた思い出の数々。芸術家の真摯な人生に胸が熱くなった。公開マスタークラスとピアノの個人レッスンの場面がすばらしい。先日下高井戸シネマで見て、すぐに書こうと思っていたのについつい時間がなく終わってしまった映画です。今日、また渋谷で上映されていることを友達が知らせてくれました。彼女はもう何回も見て、その度に新しい発見があるそうです。私ももう一度行こうかと思っています。

「アップリンク渋谷」日によって上映時間が異なります。ネットで調べて行くのをオススメ。小さな映画館なのでネット予約するのが確実かもしれません。そういえば下高井戸シネマも開館前に長い行列ができていて満員でした。
目下の予定では、2月17日までです。お見逃しなく・・・。

http://www.uplink.co.jp




お名前ぶら散読者 (2016/10/07)
ホームページを参考に音楽ぶらぶら散歩を楽しんでいる者です。
今着いた山野楽器からのお知らせをそのまま送らせていただきます。

♪ 銀座山野楽器本店 特選情報 ♪


 ♪ 吉川隆弘 ピアノ ランチタイムコンサート開催 ♪


 日時:2016年10月12日(水) 11:30開場 / 12:00開演 (約30分)

 会場:銀座本店7F イベントスペースJamSpot 【入場無料】

毎回ご好評の銀座本店ランチタイムコンサート。
今回は、イタリア・ミラノを拠点に国内外で活躍するピアニスト吉川隆弘さんを迎えたピアノ・ミニコンサートを開催します。
当日は11月8日発売予定のアルバム『クロード・ドビュッシー』を会場にてどこよりも早く先行発売!
ご購入の方はコンサート終了後のサイン会にご参加いただけます。
【入場無料】です。どなたさまもお誘いあわせの上、お気軽にご来場ください。

※会場スペースの都合上、お立ち見となる場合がございます。
※会場での写真撮影・録音・録画はご遠慮ください。
※サインは当日お買い上げいただきましたCDジャケットのみとさせていただきます。

【お問い合わせ】本店2Fクラシックフロア 03-3562-5051(代表)
http://www.yamano-music.co.jp/docs/event/index_honten.html#event_1012_1200



お名前goendama (2016/09/19)
♪ もうすぐのコンサートお知らせ ♪

TAKAHIRO YOSHIKAWA PIANO RECITAL
吉川隆弘ピアノリサイタル

♪MOZART ロンド イ短調 K.511
♪SCHUMANN 幻想小曲集 OP.12
♪SCHUMANN 3つの幻想的小曲 OP.111
♪BRAHMS パガニーニの主題による主題と変奏曲 OP.35

2016/10/15 (土)18h30開場 19h00開演 
サントリーホール ブルーローズ (東京)
全席指定 S席5,000円 A席4,000円
サントリーホールチケットセンターtel:0570-55-0017
チケットぴあPコード:303-794

2016/10/25 (火)19h00 
兵庫県立芸術文化センター神戸女学院小ホール (西宮)
全席自由4,000円
芸術文化センターチケットオフィスtel:0798-68-0255
e+(イープラス) http://eplus.jp

1999年にイタリアに渡り現在ミラノ市在住。春秋定期的に日本でリサイタルを開催。毎回異なるプログラミングが楽しみのコンサーティスト。今年6月3日イタリア文化会館でのフランツ・リスト「巡礼の年第2年イタリア」より、「巡礼の年第3年よりのリサイタルからもう半年が経った。何となく秋に似合うプログラムで今からとても楽しみです。オススメ!

詳しくはHPをご覧ください。Http://takahiroyoshikawa.com



お名前goendama (2016/09/09)
♪ もうすぐのコンサートお知らせ ♪

ピアノコンサート 〜語りと映像とともに聴く〜
<ショパン、ノアンの年月(1839 &#8211; 1846)>
イヴ・アンリ piano
大倉マヤ narration

PROGRAME
♪スケルツォ 第3番 op.39 (1839年)
♪前奏曲 op.45 (1841年)
♪バラード 第4番 op.52 (1842年)
♪ポロネーズ op.53 <英雄> (1842年)
♪子守歌 op.57 (1843年)
♪ソナタ 第3番 op.58 (1844年)
♪幻想ポロネーズ op.61
♪ワルツ op.64-2 (1846年)
♪ワルツ op.64-1 (1846年)

2016/9/16 (金) 開場18h45 開演19h00
汐留ベヒシュタイン・サロン (大江戸線汐留駅 歩4分 イタリア広場)

2016/9/17 (金) 開場10h45 開演11h00
武蔵ホール(西武池袋線 武蔵藤沢駅 西口1分)

入場料:全席自由席 3500円(一般)3000円(会員)
お問合せ:ユーロピアノ株式会社 東京本社ショールーム
担当;泰田 Tel : 03-3305-1211 Email : yasuda@euro-piano.co.jp

1839 年から1846 年まで、ショパンは7回の夏の4ヶ月ほどを、フランス中央部ノアンのジョルジュ・サンドの館で過ごし、素晴らしい環境の中で主要な曲のほとんどを作曲しました。50年前にアルド・チッコリーニがノアン音楽祭を創設いて以来ヨーロッパの有名なピアニストは残らず音楽祭で演奏をしてきました。ピアニストのYves Henry も40年前に初めてノアン音楽祭で演奏をしてすっかり虜になったピアニストです。ショパンやドラクロワの手紙の朗読、ノアン秘蔵の映像そしてピアノ演奏。オススメ。



お名前goendama (2016/07/17)
只今7月17日14時10分、嬉しい書き込みを見つけました。ありがとう!旅歴が私と似ていて計画から実施までの様子が手に取るようにわかります。私の方が年をとっている分だけ経験が多いようです。これを機会にぜひ列車の旅をなさってください。フランス全土、区域を分けて旅をしましてほとんどの地域に行っています。よくどこが一番いいかと聞かれますが、それぞれ独特の魅力があり答えるのは無理。

今回シャトールーまで昔の寝台列車の車両で行かれたことを知り驚いています。まだ走っているのね?2001年頃ノアンを発見して初めて
行った時の列車だと思います。当時はそれが主流で、ヨーロッパの汽車に乗れたことに感激したものでした。だんだん近代的になりここ数年前からはあなた方が帰りに乗られたきれいな車両ばかりだと思っていました。逆にラッキーでしたね!同じ線を色々の車両が走っているなんて日本では考えられないことですものね。もしかしたら、往きは途中から少し逸れて違う駅にも停まる列車だったのかもしれません。ぜひまた乗ってみたいわ!

ノアン方面へ行くバスは最近特に乗りにくくなりました。本数が少ない上時刻表に載っている大きな駅は予約なしで乗れますが、他は3時間以上前に電話かメールで要予約。バスも小さな車のことが多く、荷物を持って乗る人が多い便など大変です。フランス人は慣れているからでしょうが、慌てず騒がず譲り合って何とか積み残しをしないで発車しますが。

フランスの特に古いホテルは基本いわゆるダブルベッドで、女性二人だから別々になったのですね。私も初めての時そこの大きな天蓋付きのベッドで寝たのを思い出しました。何年か前増築されて昨年久しぶりに一人で泊った時は小さな部屋だったのですが、音楽祭の間はすぐに埋まるので大きな部屋になったのでしょう。でも予約できたことがすごい!努力と熱意の成果だと思います。レストランの気取った超ゆっくりのサービスもいかにもフランスの田舎の高級宿の雰囲気ですよね。

書き込みの最後の2行全く同感です!いつかどこかでぱったり会いそうな予感がします。どうぞよろしく!

次へ→

書き込みフォーム
メッセージは以下のフォーム書き込んで下さい。
お名前:
性別:男 
E-mail:
メッセージ:
注:半角カナは使わないで下さい。