インフォメーション 音楽散歩 風だより コンセール・パザパ hg.sato@raj 掲示板 お問い合わせ 管理人


本名でもいいですが、好みのハンドルネーム(ニックネーム)で気軽に書いてください。
メールアドレスを記入すると、名前にアンダーラインが入ります。記入されなければ、あなたのメールアドレスは誰にも(私にも!)わかりません。いたずらメールなどの対象にはなり得ませんから、安心して何でも書き込みください。書き込み初心者大歓迎!

書き込みはこちらから


お名前goendama (2015/01/03)
迎春  2015
今まで私たちは、復興支援のコンサートに積極的に関わって参りました。
昨年はオーボエ、ヴァイオリン、チェロ、ピアノを軸とした「チームA」を結成、仮設の住宅を中心に音楽をお届けし、交流を図ることでほんの少しばかりの「心の復興」のお手伝いをさせていただきました。
この事は、被災された方々、協力してくださった演奏家の方々、スタッフ、そしてこの活動を理解し支えてくださる大勢の方々のお陰でやってこれたことです。

今年もこの道を更に伸ばしていこうと思います。
引き続きご支援をお願いすると共に、行ける所に、できることは最大限にいたしますので、どうぞお気軽にご相談、お声がけください。

仙台フィルハーモニー管弦楽団 山本 純・小川有紀子

*個人的に頂いた年賀状ですが、広く読んでいただきたくて転載いたしました。(K.OKURA)
                          

お名前goendama (2014/12/06)
♪ Conservatoire de Villabe Yves HENRY ♪

親愛なる友人たちへ

今日、2014年12月6日の午後、新しいコンセルヴァトワールの落成式が執り行われます。エソンヌ県の南に位置するヴィラベ町、私が学生時代に住んでいた所です。コンセルヴァトワールが新設されることはそれ自体、とても幸せなことですが、その音楽院に私の名前が冠せられています。亡くなった芸術家の名誉を残すために命名するのはよくあることなのですが…。「ヴィラベ コンセルヴァトワール イヴ・アンリ」もちろん私はこのニュースを皆さまと分かち合えることを誇りに思っています。まったくエイプリルフールのような話ですが、少々早いクリスマスプレゼントです!

Amities et bon week-end
友情を込めてそしてすてきなウィークエンドを

Yves Henry

*こんな嬉しいお知らせが飛び込んできました。フランスでは学校や道路、ホールや公園に偉人の名前を冠することが多く、国立・公立のコンセルヴァトワール(音楽学校)にも、ラヴェルやロッシーニ、ラフマニノフ音楽院などがありますが、現存する芸術家の名前を校名にするのはとても珍しいことだと思います。
*落成式は14時30分から始まるそうなので、15分前の今、イヴ先生はどんな顔をなさってその時を待っておられるのかしら?!落成式は、イヴ・アンリ作曲の音楽物語の抜粋のコーラスで始まるのだそうです。嬉しいだろうなあ。おめでとうございます!!!



お名前goendama (2014/12/06)

↓ ↓ ↓ 下の文章に抜けている文字があります ↓ ↓ ↓ 

 失礼しました!6行目の文章は次のとおりです。

 曲と曲のあいだ、または素的なメロディとリズムの音楽に重ねて、愛らしいお話の語りを入れます。


お名前gendama (2014/12/06)
♪ピアノ絵本館10 れんだん 篠原 真「海を見たくま」復刊 ♪
  
19 81年に出版され、2003年5刷発行の後、数年前から売り切れ状態だった物語付き楽譜が復刊されました。楽譜屋さんの本棚には「全音絵本館」のほとんどが並んでいます。
山に住む大きなクマがその大きさのために森の他の動物に迷惑をかけるのがいやになって、こそこそと家をぬけだし、何だか知らない匂いにつられてどんどん山を下る。…そこでクマが出会うのは・・・?
 曲と曲の間に、または曲に重ねて、素的なメロディとリズムのハーモニーの音楽を合わせます。どの曲も小さい手でも弾けるように和音は1オクターブ以内におさえられていますが、中には変拍子や複拍子の合わせにくい、少し難しい曲もあります。
  私は発表会や学芸会で弾かれる現場を何度か聞かせて頂きましたが、難しいパートや曲を進んだ子供や先生が受け持って、ピアノとお話を順繰りに全曲を弾かれ、大きな拍手をもらっておられました。先生が二人で弾いて子どもたちへのプレゼントにされていることもありました。大人が弾いても十分楽しめる曲たちです。オススメ。
 出版社に頼むと、絵のスライドのレンタルができるようです。

■ピアノ絵本館10 篠原 真『海を見たくま』
■作曲:篠原 真/お話:大倉マヤ/絵:国井 節/英訳:スティーヴン・ルース・吉田奈々
■発行:全音楽譜出版社 定価:1.800円+税



お名前goendama (2014/10/04)
[江戸糸あやつり人形座創立10周年公演 第二弾]
『人間人形世代』?可能涼介の世界?
?Ladys & Gentlemen List?
  脚本:可能涼介
  演出:関美能留(三条会)

◆日時:10月1日(水)?5日(日)
■ 楽日10月5日(日)13時開演 あした!!!
◆会場:上野ストアハウス 
 台東区北上野1-6-11 NORDビルB1
Tel. 03-5830-3944
■ 前売 : 3,500 円 当日:3,800円

◆出演:
人形/結城一糸、結城民子、結城敬太、結城榮、金子展尚
俳優/大島宇三郎(SPACE U)、水嶋カンナ(新宿梁山泊)、大倉マヤ(三条会)、立崎真紀子(三条会)

■E-mail: acephale-yuki@ace.odn.ne.jp
■http://acephale.jp

♪♪♪4日午後の部を見てきました。 操り人形と人間の共演 、あんまり面白く素的な舞台なので、明日が楽日で1回公演なのですが紹介したくなりました。初日、中日行けなかったのがかえすがえすも残念です。残席あればの話ですが、オススメ!

『人間人形世代』?可能涼介の世界? プログラムより
40才になった男女9人の物語。「紳士淑女名鑑」掲載に選ばれた8人が自分の人生40年を振り返っていく。人間と人形によって演じられる摩訶不思議な物語。そこにおぼろげに見えてきた事は・・・。


お名前goendama (2014/10/01)
↓↓ ♪パザパプログラム追伸♪ ↓↓

ミスプリがあったと書きましたが、ウエヴのプログラムは、ウエブ・マスターさんがすぐに訂正して下さったので、ミスプリはございません。

いよいよ明後日!!!わくわくしますね。よろしくお願いいたします。

お名前gendama (2014/09/30)
♪ 大変遅まきながらコンセール・パザパのプログラムをアップしました。2年前から録音CDの入れ替え時間を作るために、演奏される前に簡単な曲目の解説をしています。プログラムを作成するときにも作品番号や作曲者の名前など確認しますが、今年は時間に余裕がなく丹念にできませんでした。やはりミスプリが見つかりました。嗚呼。解説を書くのも寄り道がやたら多くてやっと終りました。今回もいろいろ発見!全部を紹介することはできませんが、とても勉強になりました。

♪「沙羅」は合唱曲でも有名な曲ですね。とても楽しみにしています。いこじさん、意固地さん?それとも行こ路さん?好きな道は意地を通さねば進めませんよね。from about

お名前いこじ (2014/09/24)
思わぬご縁があって、パザパに昨年から歌で参加させて頂いています。
日本歌曲、昨年は平井康三郎「日本の笛」を、今年は、信時潔「沙羅」から。「日本の笛」は民謡調で調子よく歌えましたが、今年の「沙羅」は難しい(泣き)! 選曲を間違えたか?!
昨日、歌の共演者と、先生との最後のピアノ合わせ。希望が見えて来たかな!
楽しく 歌おうと思っています。 よろしくお願いいたします。


お名前カラー (2014/09/23)
 パザパまで後数日となりました。最後の調整に入っている人、いえいえ まだ何日あると余裕の或る人、一年ぶりにお会いできるのが楽しみです。
 昨年からご縁があって、歌の伴奏をさせていただいていもす。 
 今年も日本歌曲を数曲伴奏します。今回 うたわれる作詞家、清水重道、竹下夢二、(詩があることを恥ずかしながら知りませんでした) 渡辺達夫の詩を改めて読んでみると、岩絵の具で描かれた日本画を見ているような美しさを感じます。忘れかけていた美しい日本語に出合えとても幸せな気持ちで一杯です。
 でもここからが問題です。伴奏で色を塗りつぶさないように!! 大変 大変

お名前goendama (2014/09/16)
♪吉川隆弘さんの演奏会のお知らせありがとうございます。5月の目黒でのコンサートの続編のようなプログラム。5月もベートーヴェン、ショパン、ラヴェルを弾かれましたね。今回はその上にフランツ・リストの超絶技巧練習曲。すばらしい!ラヴェルの「夜のガスパール」はじめまたまた聴きたい曲ばかり。

♪12月5日は金曜日です。きりっと冷たい冬の夜にふさわしいプログラム。あの辺りきっとイルミネーションに彩られて美しいでしょうね。
帰り道ホットワインを一杯もオススメ。

♪チラシを見せられないのが残念。素的なチラシです。あの写真はどこで撮られたのですか?イタリア?のどこ?




お名前よしかわ えり (2014/09/10)

ご無沙汰しています。また告知をさせて下さい。

吉川隆弘ピアノ・リサイタル
12月5日サントリーホールブルーローズ 19:00開演
 全席指定S席5,000円A席4,000円学生席2,000円
 サントリーホールチケットセンターTel:0570-55-0017
 チケットぴあ Pコード:238-334

演奏曲目
ベートーヴェン ソナタ第8番 ハ短調Op.13「悲愴」
リスト 超絶技巧練習曲S.139より
     第10番ヘ短調
     第11番変ニ長調「夕べの調べ」
     第12番変ロ短調「雪あらし」
ショパン マズルカ ホ短調Op.41-2
     マズルカ 嬰ハ短調Op.63-3
     舟歌 嬰ヘ長調Op.60
ラヴェル 夜のガスパール

イタリア:ミラノ在住のピアニストです。
2005年秋以来、毎年春と秋に東京と関西でリサイタルを重ねています。NHK-FM「名曲リサイタル」及び「ベスト・オブ・クラシック」、NHK-BS「クラシック倶楽部」に出演。来春(4月13日)はスカラ座管弦楽団の3人の首席奏者(オーボエ、クラリネット、ファゴット)とミラノ・スカラ座でコンサートを開きます。
http://www.takahiroyoshikawa.com/ja/

お問合せ:Ampio吉川隆弘音楽事務所
ampio-tokyo@takahiroyoshikawa.com

お名前goendama (2014/08/05)
カラーさん
痺れ(別の意味でネ!)を切らして、掲示板に書いてくれたのですね。バカンス真っ盛りのパリでは、郵便局等も職員さんが激減するし慣れていない方が代役で働かれたりしているので、何事もLARGO・LENTISSIMO・ADAGIO!私もそのテンポにのってゆったり動いています。でもこれを機会にちょっとはしゃんとして、とだえている風便りも書きますネ。
カラーさんが元気をとりもどされホッとしました。ゆっくり全快をめざし、秋にはパザパで皆さんと音楽しましょう!!!

◎ 取り急ぎのパリ情報 ◎

1. 長い間工事で閉鎖されていたヴァンセンヌの森の動物園が大改築工事を終えて再開されました。インターネットでチケットを予約し、今週か来週行ってきます。ワクワク!

<Parc zoologique de Paris>
●夏休み期間は、休み無し。9h30-19h30
混雑時を避けるためには10h30 より早くか、16h 以降に来るのが良いと公式ホームページに書いてありますが、こちらでも早朝から行列をいとわない人が多いので、スカイツリー同様に、行ってみるしかないです。

● 最寄り駅は、メトロ8番線 Porte Doree (ポルト・ドレエ)

2. ル?ブル美術館へ行くときに便利な、Palais Royal Musee du Louvre
駅は、1番線は大丈夫ですが、7番線は工事で閉鎖中です。

ではまた書きます。

お名前カラー (2014/07/29)
 お元気ですか。痺れは気紛れに襲ってきますが、だいぶ普通の生活に戻りつつあります。パザパの案内が出ましたね。25年続いて感無量です。あの曲 この曲思い出が一杯です。どれだけ弾くことで救われてきたことでしょう。今年も参加される方々が良い思い出を作られることを願います。

お名前goendama (2014/06/23)
♪ CONCERT PAS A PAS 2014 ご案内 ♪

『パザパ=一歩ずつ』の言葉どおりに、少しずつ前進していきたいと始めた、1年に1回のささやかなコンサート、今秋25回目を迎えます。今年も元気な顔を合わせて、音楽で心の休まるひとときを持てることを願っています。 
 およそ高校生以上の大人の方ということ以外、音楽のジャンル、経歴、出演の目的など一切問わないコンサートです。初めての方、久しぶりの方、どうぞ気軽にご参加ください。メールで問い合わせてくだされば、資料などお送りします。お待ち申し上げます。 中野恵子・大倉景子

■日時:2014年10月3日(金)
■会場:ルーテル市ヶ谷センター
□ 問い合わせ:kokura19@xmyil.com (x をg に、y をa に変えて送信してください。)


お名前goendama (2014/06/18)
<フクシマ原子力災害のあとさき ? 出口はあるのか?>

■6/20(金) 19:00?上映 入場無料
■フォーラム福島 forum-movie.net

◆ゲスト登壇者
セシル・浅沼・ブリス (日仏会館・フランス国立日本研究センター、Clerse-CNRS)
ティエリー・リボー(フランス国立科学研究センター、CNRS-LIA-Clerse)
■主催:日仏会館フランス事務所、CRNSフランス国立科学研究センター
「人間の防護と災害への対応」国際研究所、 学際研究 NEEDS プログラム

『去る事を決めた人、残ることを決めた人、いずれも自分の中の力をさらに凝集し、昇華していく道のりを歩もうとしている。これは大震災後に見られた、反骨精神や反発力とはまた全く別の形で、原子力事故を受け止めようとする福島の人々に取材したフランス人研究者による考察映像。終了後、トークセッションを行います。』(フォーラム福島)

お名前goendama (2014/06/07)
↓↓↓6月6日/2日目観てきました↓↓↓
三条会の<ゼチュアンの善人>
作:ベルトルト・ブレヒト 構成・演出:関 美能留

■6/7 (土) : 14:00 & 19:30 開演
6/8 (日) : 14:00 開演
■ザ・スズナリ(下北沢駅南口より徒歩約5分)

*大雨の中行ってきました。下北沢駅が全く様変わりしていて、友人と待ち合わせをしていた「いつもの改札口」が消えている!違う改札で出てしまいキョロキョロ。面白かった。あと2日公演が続きます。明日も雨だろうけどオススメ。

*駅の近くでレストランを探した。「ここはぜったい美味しい!」の勘がさえていて和食の店発見。『うまいもの楽味』南口近く、三井住友銀行B1 です。17時から、月曜休。オススメ。 


お名前goendama (2014/06/07)
↓↓↓聴いてきました↓↓↓

<秋吉台ミュージック・アカデミー>
スペシャル ガラ コンサート in TOKYO
瀬尾和紀(フルート) 瀬崎明日香(ヴァイオリン) 菊池裕介(ピアノ)
■5月26日(月) 19:00/ルーテル市ヶ谷センター
*おなじみのルーテル市ヶ谷ホール、やはり響きがよくアンサンブルにもってこいのホール。室内楽なので奥に置かれていた。ピアノ独奏もその位置でされていたと思うがこの位置もいいと感じた。聞いたことのない曲も多く楽しかった。

<吉川隆弘ピアノリサイタル>
♪ベートーヴェン、ラヴェル、ショパン 
■5月30日(金) 19:00/めぐろパーシモン小ホール
*ベートーヴェン、ラヴェルの作品の中でもレヴェルの高い曲をとても知的に弾かれた。アンコールを含めて5曲のショパンで濃密な時間が過ぎた。まさに私の聴きたい曲ばかり集めて頂いたようなリサイタル…。感動した。



お名前goendama (2014/05/23)

◎きっとおもしろい演劇 もうすぐ!

三条会の<ゼチュアンの善人>
Der gute Mensch von Setuan ベルトルト・ブレヒト作

●構成・演出:関 美能留
●出演:大倉マヤ・立崎真紀子・渡部友一郎(三条会)
大谷ひかる・平川綾子・小田尚稔
平井優子(dumb type)
羽島嘉郎(けのび)
志賀亮史(百景社)

●照明:岩城 保 ●美術:森岡美希 ●宣伝美術:古山菜摘 
●制作協力:根岸佳奈子

■ 6/5 (木)&6/6 (金) : 19:30 開演
■ 6/7 (土) : 14:00 & 19:30 開演
■ 6/8 (日) : 14:00 開演
*開場は開演の30分前。受付開始、当日券の販売は開演の45分前です。

■ザ・スズナリ(下北沢駅南口より徒歩約5分)

■チケット:前売・予約3300円 高校生以下 1000円 当日3500円
*全席自由席です。

■チケット取り扱い
三条会:WEB予約 www.sanjoukai.jp
   メール ticket@sanjoukai.jp
スズナリ:電話予約 03-3469-0511

■主催・お問い合せ
三条会 〒260-0012 千葉市中央区本町1-4-2 サガビル3F
電話:043-224-3901  メール:sanjoukai@gmail.com



お名前goendama (2014/05/22)
◎きっとすばらしいコンサート もうすぐ!

<秋吉台ミュージック・アカデミー>
スペシャル ガラ コンサート in TOKYO
瀬尾和紀(フルート)
瀬崎明日香(ヴァイオリン)
菊池裕介(ピアノ)
♪ロータ:三重奏曲 ♪レスピーギ:ヴァイオリン・ソナタ
♪プーランク:フルート・ソナタ ♪ショパン:幻想ポロネーズ op.61 他
■5月26日(月) 18:30 開場 19:00 開演
■ルーテル市ヶ谷センター
■チケット:全自由席 前売3,000円 / 当日3,500円

<吉川隆弘ピアノリサイタル>
♪ベートーヴェン:ピアノソナタ op.81a 「告別」
♪ベートーヴェン:ピアノソナタ op.110
♪ラヴェル:「鏡」♪ショパン スケルツォ第3番 op.39 他
■5月30日(金) 18:30 開場 19:00 開演
■めぐろパーシモン小ホール
■チケット:S席4,000円 / A席3,000円
■問い合わせ Ampio東京支部 TEL. 03-6421-8131
http://takahiroyoshikawa.com


お名前goendama (2014/04/10)
◎ピアノを教える人、学ぶ人の雑誌「ムジカノーヴァ」(音楽之友社)4月号発売中!

●イヴ・アンリとともに<作曲家の音楽スタイルと言語を探る旅>(P.33)
Voyage6 ハイドンの様式によるロンド<故郷> 後編
 
親愛なるピアニスト仲間の皆さん、昨年5月から続けて来た私たちの旅のシリーズ、予定通り今回でお別れです。どの曲が一番好きでしたか?難しすぎて弾けない曲が残っている?暇を見つけてコツコツ練習をすればいつかきっと!ではまたどこかでご一緒できますよう。

Yves Henry/オオクラケイコ(日本語ガイド)

*「オントモ・ヴィレッジ」(http://www.ontomovillage.jp) の「コンサートホール」でイヴ・アンリが演奏しています。お聴きください。



←前へ || 次へ→

書き込みフォーム
メッセージは以下のフォーム書き込んで下さい。
お名前:
性別:男 
E-mail:
メッセージ:
注:半角カナは使わないで下さい。