インフォメーション 音楽散歩 風だより コンセール・パザパ hg.sato@raj 掲示板 お問い合わせ 管理人


本名でもいいですが、好みのハンドルネーム(ニックネーム)で気軽に書いてください。
メールアドレスを記入すると、名前にアンダーラインが入ります。記入されなければ、あなたのメールアドレスは誰にも(私にも!)わかりません。いたずらメールなどの対象にはなり得ませんから、安心して何でも書き込みください。書き込み初心者大歓迎!

書き込みはこちらから


お名前goendama (2015/11/15)
オー!初めての書き込みを見つけ嬉しいです。病院の朝は早いのでパリの事件のことリアルタイムではないけれど、かなり早い時間に知って追っていました。目が痛い!つい長時間細かい字を追ってしまいます。学校のように50分で10分休憩を守るべきなのに…。この件書き出しましたが、長くなったので風だよりに書きます。

硬式テニスで優勝?!おめでとうございます。運動が好きで得意な人羨ましいです。私も高い山は無理ですが、中ぐらい以上の速度で町を歩き続けようと思っています。

お元気で!またのお越しを心待ちしています。

お名前江川章雄 (2015/11/14)
パリで大変なテロ事件が起きたようですね。
ひょっとしたら巻き込まれてはとWebを見ましたが、日本で足のアフターケア中とのこと、安心しました。
ヨーロッパ社会は第一次大戦後中東に深くかかわってきているので、これからも厳しい情勢が続くのでしょうね。その点、日本は極東の離れ小島で少しは安全でしょうが、昨今の政府の動きを見ているとそうも言えなくなってきそうです。
当方は、仕事の傍ら硬式テニスに精を出していまして、先月の親善試合では見事優勝を勝ち取りました。
お互い、健康に留意し来年の河豚サミットを楽しみましょう。

お名前goendama (2015/09/26)
天空人さま、そう書き込みフォームが小さくなっています。改良しますのでしばらくお待ちください。

三条会の公演、本当に素晴らしい!舞台での表現という点では、音楽も演劇も同じですが、ソロピアニストの一人で作る表現と、演出家と役者で作る表現、楽譜と戯曲原本の扱い方のちがい…考えると面白いですね。ピアノの演奏における演出家は師事する先生?先生の役割重大ですね!

本日も19時から、下北沢ザ・スズナリで、三島由紀夫『熱帯樹』の
公演があります。オススメ!!!


お名前天空人 (2015/09/24)

掲示板のメッセージの書き込みフォームが小さすぎて、書きにくいです。そのため長い間ご無沙汰しています。今日もメールで送るので掲示板に書き込んでください。

三条会の公演初日、本当に面白いでした。2時間があっという間に過ぎました。演劇って演出家や俳優によって、同じ戯曲を扱っても全然ちがう公演になるのですね。ピアノとは、そういう点がちがうと思いました。とにかく堪能しました。また知らせてください。


お名前goendama (2015/09/24)

!!! 本日初日 !!!オススメ!!!

三条会東京公演
三島由紀夫作・関美能留演出<熱帯樹> 家族の話をするの

会場:下北沢 ザ・スズナリ
日程:9月24日(木)19時
   9月25日(金)19時
   9月26日(土)19時
   9月27日(日)14時
料金:3000円 (全席自由)

www.sanjoukai.jp
メール:ticket@sanjoukai.jp
スズナリ電話予約:03-3469-0511       

お名前goendama (2015/09/20)
♪ 第26回 コンセール・パザパ ♪

・2015年10月9日(金)第1部15h45 第2部 18h45 開演

・ルーテル市ヶ谷センター 

プログラムは、HPメニュー「コンセール・パザパ」に掲載しています。ピアノ・声楽・リコーダー・マンドリンとマンドロンチェロなどバラエティに富んだ内容です。おヒマな時間があればのぞいてください。

           

お名前goendama (2015/07/20)
◎ノアン♪フェスティバル♪ショパン 7月16日〜22日

フランスの田園地帯のまっただ中にあるジョルジュ・サンドの館を中心に開かれている音楽祭に来ています。午前中イヴ・アンリの公開マスタークラス聴講、午後音楽学者や作家の方の講演会、そして夜8時半から11時過ぎまでリサイタル・・・と毎日忙しく豊穣の日々を送っています。

18日から発売中の音楽雑誌「ショパン・8月号」に6月の第1と第4週末に行った音楽祭のレポートを書いています。ご購読いただければ嬉しいです。拙レポートはとにかくとして、他に面白い記事がいっぱい見つかると思います。


お名前gondama (2015/07/06)
◎「石川暢子の世界」展 日本のジュエリーアーティスト (1943 ー 2012)
Le Monde de Nobuko ISHIKAWA Artiste Joailliere Japonaise

■6月24日(水) 〜 7月19日(日) 24 juin 〜 dim.19 juillet
7月:火 〜 日13h00 ー 18h00 le mardi au dimanche

■Musee Francais de la Carte a Jouer
16 rue Auguste Gervais 92130 Issy-les-Moulineaux
M : Mairie d’Issy

今朝ニュースダイジェストの記事でこの展覧会を知り行ってきました。会場はメトロ12番線の駅から徒歩3分。パリ市ではないので遠いかと思ったけれど、切符も市内と同じでとても便利なところです。

「ジュエリーのイメージをめぐる旅は、
源氏物語の雅が薫る平安王朝から
シルクロードを経て、古代ヨーロッパの美の源流へ。
時には、オリエント急行に乗って
ベルエポックへの回帰。
時空を越えて
イマジネーションの世界は拡がります。」(パンフレットより)

ほとんど全作品を展示する企画展は珍しいそうです。展示方法もいかにも日本人らしく丁寧で繊細かつモダン、すべて日本で作り運ばれたそうです。素晴らしい展覧会です。ジュエリーが好きだというフランセーズ(知らない方)と写真を撮りながら、「すばらしい!マニフィック!」を連発してしまいました。パリに住まれている方、今近くにいられる方、ぜひぜひいらしてください。オススメ!


お名前goendama (2015/07/05)
パリは7月に入ってめちゃめちゃ暑い!夜中はひんやりしていますが。

お名前goendama (2015/06/21)
◎近々フランスへ来られる方へ◎

パリは、日が照っているときはそれなりに暑いですが、室内や朝夕はひんやりしていて、長袖のTシャツなどを着ています。外で見かける服装は実にバラバラで、袖無し・マフラー・上着・ヤッケと、何でもありですが。

夏のソルドは、24日(水)から、全国一斉に始まります!たしか8月6日までだったと思います。





お名前goendama (2015/06/10)
 ♪ CONCERT PAS A PAS 2015 ご案内 ♪

『パザパ=一歩ずつ』の言葉どおりに、少しずつ前進していきたいと始めた、1年に1回のささやかなコンサート、今秋26回目を迎えます。今年も元気な顔を合わせて、音楽で心の休まるひとときを持てることを願っています。 
 およそ高校生以上の大人の方ということ以外、音楽のジャンル、経歴、出演の目的など一切問わないコンサートです。初めての方、久しぶりの方、どうぞ気軽にご参加ください。このサイトの『お問い合わせ』先まで、メールで問い合わせてください。詳細お知らせいたします。

■日時:2015年10月9日(金) 16h00 and 18h00
■会場:ルーテル市ヶ谷センター

                     中野恵子・大倉景子
 

お名前goendama (2015/03/24)
↓↓↓ ♪ノアン ショパン音楽祭♪ ↓↓↓

朝早く目が覚めて「クラシック倶楽部」を見ることができた。フランク「ヴァイオリン・ソナタ」。楽器はサクソフォーンとピアノ。須川展也さんはすぐにわかったが、この素晴らしいピアニストは誰?手元しか映らないが、聴くうちに確信。ファジル・サイ? 当たり!

アンコールは、「アルトサクソフォーンとピアノのための5曲」op.55
TVの前で息もつかず聞き惚れたこの曲を作曲したのはファジル・サイ。「中東風の旋律の最高に難しい曲ですが、アルトサックスを完璧に演奏していただきました。」と演奏後に挨拶されていたが、昨年11月オペラシティでの演奏会だったらしい。来日されていたとは知らなかった。うかつさに腹が立つ!

私はファジル・サイのピアノを、数年前にノアン音楽祭で聴きました。ノアン音楽祭で初めて聴いて、その演奏に感動した音楽家が、すぐに、あるいは何年後かに世界的に知られる音楽家になる例をいっぱい見てきています。

今年のノアン音楽祭では、何人の音楽家を発見できるでしょうか? 楽しみです。



お名前goendama (2015/03/17)

◎ピアノ音楽誌「ショパン」4月号 明日3月18日発売

♪<今年こそ行こう!魔法のフェスティバル>♪

2015年6月〜7月、フランスのノアンで、ショパン音楽祭が催されます。これまで日本では知る機会の少なかった音楽祭を紹介しています。3月5日にパリのサル・コルトーで発表されたばかりのプログラムや、過去の音楽祭の写真等満載です。

謎めいた辺ぴな田舎の<ノアン国際フェスティバル●ショパン>を知りたい方、行きたい方には必読記事です!きっと役立つ、実用的な情報を書いています。フランスでチケット予約が始まったばかりのホヤホヤ記事、ぜひご購読ください。大倉景子

お名前goendama (2015/03/02)

日本人の観光客の方が探しあぐねて、今日でもう5回も聞かれたので、もしかこれからパリに来られる人の役に立つかもしれず書きます。

パリのオペラ座の近くにデパートが並んでいる界隈があります。その一つ、ギャラリー・ラ・ファイエットのグルメ館には、お土産にふさわしい食料品がいっぱい並んでいて日本人の方の姿をよく見かけていました。日常の食料品はちょっと高めだけれど良い物が揃っているので、ちょくちょく買っていました。魚屋さんとはとくに仲良しでよく大目に入れてもらったりしていたので、今回も行ったらグルメ館が消えている!

今まで本館の横のメンズ館の2階(日本流に言って)にあったのが、昨年秋に、大きな道路を隔てた向かいのメゾン館に移ったのでした。食料品売り場は慣れないからかもしれないけれど、私は以前の方がずっと品揃えもよく買い易かった気がしています。魚屋さんも以前の元気のよいお兄さんではなく澄ました売り子さんに変わり、おまけなんてとんでもない感じ。 

その分充実したのが1階のレストランコーナー。カウンターと小テーブルがいくつか並んでいるだけですが、気軽に食べられて素材がよくとても美味しそうです。試していないのでオススメとは言いませんが。

お名前goendama (2015/01/03)
迎春  2015
今まで私たちは、復興支援のコンサートに積極的に関わって参りました。
昨年はオーボエ、ヴァイオリン、チェロ、ピアノを軸とした「チームA」を結成、仮設の住宅を中心に音楽をお届けし、交流を図ることでほんの少しばかりの「心の復興」のお手伝いをさせていただきました。
この事は、被災された方々、協力してくださった演奏家の方々、スタッフ、そしてこの活動を理解し支えてくださる大勢の方々のお陰でやってこれたことです。

今年もこの道を更に伸ばしていこうと思います。
引き続きご支援をお願いすると共に、行ける所に、できることは最大限にいたしますので、どうぞお気軽にご相談、お声がけください。

仙台フィルハーモニー管弦楽団 山本 純・小川有紀子

*個人的に頂いた年賀状ですが、広く読んでいただきたくて転載いたしました。(K.OKURA)
                          

お名前goendama (2014/12/06)
♪ Conservatoire de Villabe Yves HENRY ♪

親愛なる友人たちへ

今日、2014年12月6日の午後、新しいコンセルヴァトワールの落成式が執り行われます。エソンヌ県の南に位置するヴィラベ町、私が学生時代に住んでいた所です。コンセルヴァトワールが新設されることはそれ自体、とても幸せなことですが、その音楽院に私の名前が冠せられています。亡くなった芸術家の名誉を残すために命名するのはよくあることなのですが…。「ヴィラベ コンセルヴァトワール イヴ・アンリ」もちろん私はこのニュースを皆さまと分かち合えることを誇りに思っています。まったくエイプリルフールのような話ですが、少々早いクリスマスプレゼントです!

Amities et bon week-end
友情を込めてそしてすてきなウィークエンドを

Yves Henry

*こんな嬉しいお知らせが飛び込んできました。フランスでは学校や道路、ホールや公園に偉人の名前を冠することが多く、国立・公立のコンセルヴァトワール(音楽学校)にも、ラヴェルやロッシーニ、ラフマニノフ音楽院などがありますが、現存する芸術家の名前を校名にするのはとても珍しいことだと思います。
*落成式は14時30分から始まるそうなので、15分前の今、イヴ先生はどんな顔をなさってその時を待っておられるのかしら?!落成式は、イヴ・アンリ作曲の音楽物語の抜粋のコーラスで始まるのだそうです。嬉しいだろうなあ。おめでとうございます!!!



お名前goendama (2014/12/06)

↓ ↓ ↓ 下の文章に抜けている文字があります ↓ ↓ ↓ 

 失礼しました!6行目の文章は次のとおりです。

 曲と曲のあいだ、または素的なメロディとリズムの音楽に重ねて、愛らしいお話の語りを入れます。


お名前gendama (2014/12/06)
♪ピアノ絵本館10 れんだん 篠原 真「海を見たくま」復刊 ♪
  
19 81年に出版され、2003年5刷発行の後、数年前から売り切れ状態だった物語付き楽譜が復刊されました。楽譜屋さんの本棚には「全音絵本館」のほとんどが並んでいます。
山に住む大きなクマがその大きさのために森の他の動物に迷惑をかけるのがいやになって、こそこそと家をぬけだし、何だか知らない匂いにつられてどんどん山を下る。…そこでクマが出会うのは・・・?
 曲と曲の間に、または曲に重ねて、素的なメロディとリズムのハーモニーの音楽を合わせます。どの曲も小さい手でも弾けるように和音は1オクターブ以内におさえられていますが、中には変拍子や複拍子の合わせにくい、少し難しい曲もあります。
  私は発表会や学芸会で弾かれる現場を何度か聞かせて頂きましたが、難しいパートや曲を進んだ子供や先生が受け持って、ピアノとお話を順繰りに全曲を弾かれ、大きな拍手をもらっておられました。先生が二人で弾いて子どもたちへのプレゼントにされていることもありました。大人が弾いても十分楽しめる曲たちです。オススメ。
 出版社に頼むと、絵のスライドのレンタルができるようです。

■ピアノ絵本館10 篠原 真『海を見たくま』
■作曲:篠原 真/お話:大倉マヤ/絵:国井 節/英訳:スティーヴン・ルース・吉田奈々
■発行:全音楽譜出版社 定価:1.800円+税



お名前goendama (2014/10/04)
[江戸糸あやつり人形座創立10周年公演 第二弾]
『人間人形世代』〜可能涼介の世界〜
―Ladys & Gentlemen List―
  脚本:可能涼介
  演出:関美能留(三条会)

◆日時:10月1日(水)〜5日(日)
■ 楽日10月5日(日)13時開演 あした!!!
◆会場:上野ストアハウス 
 台東区北上野1-6-11 NORDビルB1
Tel. 03-5830-3944
■ 前売 : 3,500 円 当日:3,800円

◆出演:
人形/結城一糸、結城民子、結城敬太、結城榮、金子展尚
俳優/大島宇三郎(SPACE U)、水嶋カンナ(新宿梁山泊)、大倉マヤ(三条会)、立崎真紀子(三条会)

■E-mail: acephale-yuki@ace.odn.ne.jp
■http://acephale.jp

♪♪♪4日午後の部を見てきました。 操り人形と人間の共演 、あんまり面白く素的な舞台なので、明日が楽日で1回公演なのですが紹介したくなりました。初日、中日行けなかったのがかえすがえすも残念です。残席あればの話ですが、オススメ!

『人間人形世代』〜可能涼介の世界〜 プログラムより
40才になった男女9人の物語。「紳士淑女名鑑」掲載に選ばれた8人が自分の人生40年を振り返っていく。人間と人形によって演じられる摩訶不思議な物語。そこにおぼろげに見えてきた事は・・・。


お名前goendama (2014/10/01)
↓↓ ♪パザパプログラム追伸♪ ↓↓

ミスプリがあったと書きましたが、ウエヴのプログラムは、ウエブ・マスターさんがすぐに訂正して下さったので、ミスプリはございません。

いよいよ明後日!!!わくわくしますね。よろしくお願いいたします。

←前へ || 次へ→

書き込みフォーム
メッセージは以下のフォーム書き込んで下さい。
お名前:
性別:男 
E-mail:
メッセージ:
注:半角カナは使わないで下さい。